鵠沼ブレーブスは、高校野球の名門 横浜高校などでの野球経験をもとに「横高・渡辺野球」を指導の規範とする甘利監督を中心に、高校・大学・社会人・プロなどで野球を経験しスタッが、所属選手の技術向上を図るために定期的にミーティングを行なって指導内容を統一し、低学年から高学年まで一貫性のある指導に努めています。

また、野球技術の向上だけではなく、「礼儀・あいさつ・返事」「仲間や友達への思いやり」「年下の子へのやさしさ」などを大切にして、野球を通じて子ども達の育成も図っています。

 

鵠沼ブレーブスの活動方針

①健全な心身の育成と体力向上を図る

 礼儀(あいさつ)、言葉遣い

 ・健康な心身(強い身体と精神力)

 闘争心、競争心

②協同・協調・連帯の心を育む。

 ・思いやりの心

 ・学年を超えた友情

 ・チームワーク(協同・連帯)

③野球を生涯スポーツとして推進する。

 ・野球(スポーツ)の楽しさ

 ・野球(スポーツ)の大切さ

 

野球技術向上の指導方針

○1~2年生(初心者~初級者)

 ①野球遊びで、基礎・基本の習得

  ・遊びながら楽しく野球を覚える

  ・正しい投げ方、正しい捕り方

  ・打球を遠くまで飛ばす

 ②協調性・連帯性を養う

  ・集団活動のルール

  ・礼儀やあいさつ

○3~4年生(初級者~中級者)

 ①個人技術の向上(基礎・基本)

  ・走攻守のレベルアップ

 ②正しいルールと戦略

  ・野球のルール、セオリー 

 

○5~6年生(中級者~上級者)

 ①個人技術の向上

  ・野球選手らしいプレーの習得

 ②勝つための戦略(勝てる野球)

  ・確実性と積極性

 ③野球の継続

  ・中学でも通用する野球レベルの習得 

ブレーブス

11/18 大磯紅葉山杯

真土ビクトリーズ

2-3 負

ブレーブスB

リトルブレーブス

11/18 オレンジ交流戦

ニーニョス・ブラボス

9-5 勝